ホームアンデルセンの生涯

デンマーク・オーデンセ出身、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの生涯

                                                                         

1805年4月2日にデンマークのオーデンセで貧しい靴職人の息子として生まれたアンデルセンは

家が大変貧しかった為、学校でもいじめられた子供時代を過ごしました。

母は洗濯婦として忙しく働き冬の寒いなか今の時代のように洗濯機はなく

手洗いで冷たい水に何時間も手をつけ服を洗っていました。

アンデルセンの父は大変信仰熱心な人でよくアンデルセンに神様や人の道などについて話して語りっていたそうです。

時にはアンデルセンを劇場に連れて行き、アンデルセンは夢の舞台に夢中になりました。

父の語る物語やお芝居に影響され後にアンデルセンは役者を目指します。

歌が大変上手だったアンデルセンは14歳で本格的に役者を目指しコペンハーゲンへ出ます。

しかし美しい歌声も残念ながら彼の変声期で声が変わってしまい、役者になることを断念してしまいます。

30歳の時にイタリア旅行の体験をつづった「即興詩人」を書き、作家として認められます。

その後70歳で亡くなるまで実に150編あまりの童話を世におくりだしました。

アンデルセンの残した有名な言葉に旅は人生だ・・という言葉があります、

その言葉の通りアンデルセンは旅行好きだったことでも有名です、各国でたくさんの人々に出会い新しい

インスピレーションを得たアンデルセンの童話は今現在も大人が読み返しても学ぶことが多いです。

アンデルセン童話は今も世界中の人々の心に生きています。

                                                  Copyright denmarkmobil-uro

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス